神奈川県横浜市港南区日限山地区を中心に活動をしている少年サッカーチ−ムの団体で父母を中心として活動しています。

 生いたち 愛しき日限山フットボールクラブ
 指導理念 日限山フットボールクラブの指導理念
 指導体制 在籍しているメンバーの父兄、地域のサッカー経験者の社会人がボランティアで指導しています。
また、監督、コーチたちが醸し出すアットホームな雰囲気により、卒団した大学生、高校生、中学生がOBコーチとしてお手伝いとして参加してくれています。


総監督:全学年を統括して指導しています。横浜市港南区選抜の監督も兼任しています。
各年代監督:小学生を2学年ずつ(6、5年/4、3年/2、1年)に分けて、年代別の指導をしています。
ヘッドコーチ・コーチ:監督のサポートをして指導しています。
 活動場所 横浜市立日限山小学校をホームグラウンドとして活動しています。
 登録協会 神奈川県サッカー協会
横浜市サッカー協会
港南区サッカー協会
 メンバー 基本的にどこの小学校、幼稚園、保育園の子供でもかまいません。
【小学生】
 日限山小学校、丸山台小学校、南舞岡小学校、永野小学校、芹が谷小学校、名瀬小学校などの日限山小学校周辺の小学校に通っている小学生。
【幼稚園・保育園】
 港南幼稚園、戸塚ふたば幼稚園、金井幼稚園などの幼稚園、保育園の年中さん、年長さん。
 自慢??
 (その1)
【学年を超えた良い仲間作りができます!!】
【思いやりのある子供になります!!】
 幼稚園児(年中)から小学6年生まで、同じ時間に同じグラウンドで一緒に仲良くボールを練習しており、練習の開始時には年齢が上の子供たちは下の子供たちの面倒をみながら全年代一緒にランニング、準備体操をしております。その為、クラブのメンバーは顔見知りのため、グラウンドを離れても、高学年の子供は公園などで顔見知りの低学年の子がいると声をかけて、リーダシップを発揮して一緒に遊んでいます。
 また、OBコーチが中学、高校、大学などで磨いたテクニックを実際に見せに来てくれるので、子供たちはお兄さん達にあこがれて、自分も同じようなテクニックが出来るように練習をしています。そして、卒団すると、今度は自分が新たに入団した後輩にテクニックを見せに来てくれます。
 このように、同学年の子供達だけではなく、上級生、下級生と自然と触れ合い、良い人間関係を作ることの出来るところが、各学年別々の場所、時間で区切られて練習をしているクラブとは違う良い所です。
 自慢??
 (その2)
【対外試合が出来ます!!】
 サッカーは、団体競技であり、他のチームと試合をして自らの力を認識しながら、足りないところを練習することが一番の上達のポイントです。
 日限山FCは日本サッカー協会の下部組織である神奈川県サッカー協会、横浜市サッカー協会、港南区サッカー協会に毎年登録しており、他の様々なチームと公式な試合をすることが出来ます。
これらの協会に登録していない場合、自チーム内だけの試合、若しくは特定の営利企業グループのチーム同士の試合しか組むことが出来ません。
 また、日限山FCはジュビロ磐田、三菱養和などのクラブチームのジュニアユースチームなどの国内トップクラスの力を持ったチームとの練習試合も行っています。
 自慢??
 (その3)
【たま〜に、有名人が来たりします。】
 当クラブの発足に関わってくださった元祖ミスターマリノスの木村和司さんや、清水エスパルスや川崎フロンターレで活躍した向島建さんなどが、遊びに来てくれる事があります。
 ★木村和司さんのフリーキック!!を間近に見て感動しました!!
  子供たちも、フリーキックのすごさを身にしみて感じたようです。
  子供たちも一緒にミニゲームをして笑顔が絶えませんでした。
 ★向島建さんのリフティング、ドリブルテクニック、すばらしかった!!
  清水の牛若丸と呼ばれていた向島さんのいた頃の清水エスパルスのサポーターだった私(本文章を書いている某コーチ)は、涙ボロボロ物でした!!
  子供たちを一瞬にして引き付けるテクニックとトークであっという間に時間が過ぎてしまいました。

 生で日本トップクラスのテクニックを間近に見ることの出来る機会は余り無いので、子供たちのみならず、監督、コーチも大変勉強になりました。